『思考は現実化する』から読み解く、オナ禁の考察&性エネルギーの正しい使い方

こんにちは、クソまじめオナ禁ブロガーのイケユウです。

今日はオナ禁ブロガーなら誰もが読んだことがあるであろうオナ禁の教科書とも言える本。思考は現実化するについての考察です。

 

ハッキリ言います。オナ禁について知りたいならとりあえず思考は現実化するを読んどけ!

オナ禁について書いてあるページ自体は少ないですが、オナ禁についての考察が深くて読みがいがあります。

 

僕もこの本からオナ禁の方法を参考にさせてもらいました。この本にはオナ禁の本質について書いてあります。

この本を読めば、ただ単純にオナ禁日数を積み上げていくだけのオナ禁では何の意味もないということを思い知らされます。

 

そして僕自身思ったことは、「やっぱり男の性エネルギーには相当な力があるんだなあ」ってことです。

その莫大な力を生かすも殺すも全て自分次第。この本は人間が生まれながらに持つ性エネルギーの使い方について道を示してくれています。

 

 

性エネルギーは莫大なエネルギーである

この本の第15章では性エネルギーについての考察が書かれています。その内容がオナ禁ブロガーとしてはとても興味深い。

まず目をみはったのが次の文章です。

性欲は人間の欲望の中で最も強いものである。人間がこの欲望に駆られるとき、日常的なレベル以上の優れた創造力、勇気、意志の力、忍耐力や想像力などが強烈に発揮される。その欲望があまりにも強いため、命も名誉も投げ打ってしまうことすらある。

性欲、つまり、性エネルギーのことですね。人間が誰しもが生まれながらに持つ1つの欲求です。

注目して欲しいのは、様々な欲求の中でも性欲が1番の秘めたる力を持っていること。

食欲、睡眠欲、名誉欲、自己承認欲求、自己顕示欲。。。人間がもつ全ての欲求の中で1番強いのが性欲というわけです。

 

もちろん人によって個人差はあると思います。食欲が強かったり、睡眠欲が強い人もいるでしょう。

僕は圧倒的に性欲が自分の中で1番強い欲です笑

人間にいろいろな欲がある中で、ナポレオンヒル氏はここでハッキリと性欲が人間の中で最も強い欲求だと述べているのです。

 

性欲が1番強い欲求であるということは、言い換えれば、その強力な力を生かすか殺すかで人生は全く違ったものになるということです。

性欲には男の人生を左右するほどの大きな力を秘めているということなのです。

 

性欲を浪費してしまうとどうなるのか

性欲を浪費するとどうなってしまうのか。ナポレオンヒル氏は次のように述べています。

強力な性エネルギーを持ちながら、才人とは全くかけはなれた人生を送っている人が多いが、

それは、性エネルギーの偉大さを誤解し、乱用することによって、自分自身を低次元の動物にまで落としてしまっているからである。

つまり、性エネルギーを普段から無駄に放出してしまっている人は、もはや人間ではないということです。

極論かもしれませんが、毎日ポルノを見てしこっている人は、もはや本能に支配された動物に過ぎないということです。

過激な発言であることは分かっています。でも、性エネルギーを浪費するということはそれくらい危険なことだとしっかり分かってほしいです。

僕自身性欲が強いということもあって、性欲を浪費したことによるダメージは計り知れないです。

 

ドラゴンクエストで例えるなら、性欲はもろはの剣みたいなもんですね。

もろはの剣は攻撃力はものすっごい高いけど、そのぶん反動として自分へのダメージが返ってきます。

性欲も、その秘めたるパワーには莫大なものがありますが、使い方を間違えれば自分にとんでもないダメージとして返ってきてしまうのです。

 

なぜ人は性欲を無駄に浪費してしまうのか

性欲にはとてつもなく大きなエネルギーがある。特に男なら誰もが感じているでしょう。

あのムラムラ感、オナ禁を続けている時に内面から感じるパワーがみなぎってくる感じ。

そういった体感からして、性欲に人生を左右するほどの力が秘められていることは分かるはずです。

 

でも、それを理解しながらも実際に性欲を浪費してしまっている人が多いのが事実。

なんでそんな自殺行為とも言えるようなことを、男たちは日々当たり前のように行ってしまうのか。

 

ネット普及によるポルノ大革命

性欲を無駄に使ってしまう要因としてまず1つ挙げられるのが、ポルノの普及。これに尽きます。

インターネットの拡大によって今や誰もが超簡単に、超お手軽にエロコンテンツを閲覧できる時代になってしまいました。

もはや今はポルノ大革命の時代と言っても過言ではないと感じています。

 

大量のエ〇コンテンツ。大量の美女のセッ〇ス。あり得ないほどの刺激の強さ。脳を犯していくあの過激な映像。

ドーパミン大量発生による脳機能の低下。脳の萎縮。パソコン画面の長時間凝視による視力や脳への悪影響、同じ姿勢で居続けることの体への悪影響。

依存性のリスクの高さ。そして最終的に射精によって性エネルギーを放出する。

 

僕の考えではポルノを見ることによる射精は史上最悪の性エネルギーの使い方だと思っています。

ポルノを見ることでの射精は、射精だけによるダメージでは済まされないからです。

上にも書いたみたいに、時間の無駄使い、脳への影響、視力の低下。ポルノを見ることでこういったリスクも背負ってしまうのです。

特に長時間ポルノを見てしまう人は、それだけダメージもどんどん大きくなってしまいます。

 

ここで断言しておきます。

ポルノから離れたくても離れられない人は、今後の人生において成功を成し遂げることはできないです。

ポルノ産業に搾取され、性エネルギーも搾取され、人生どん底の道へ突き進むことになるのです。

そうならないためにも、ポルノを一生見ないということを自分で習慣化していくしかないのです。

ポルノを見ないことを習慣化できさえすれば、オナ禁のことなんて何も意識しなくても勝手に続くようになります。

 

僕の意見としてはエロコンテンツの閲覧を止めない限り、オナ禁を継続していくことはできないと思っています。

というか、仮に射精をしなかったとしてもポルノに時間を割いている時点で人生の浪費としか思えないです。

ポルノを見ても得られるモノは何もない。失うものしかないのだから。

 

ポルノを見るという行為は、誰の人生にとっても何の価値ももたらすことはないのです。

 

性エネルギーの正しい使い方とは

性エネルギーは人間の中で最も強い欲望です。

性エネルギーはコントロールできれば最大の味方になりますが、支配されると最怖の敵にもなってしまいます。

エロに頭を支配された状態で自分のパフォーマンスを最大限に発揮することはできないでしょう。

まさにもろはの剣。使い方次第で人生は大きく左右されてしまうのです。

 

僕のブログを読んでいる方は、少なくとも1人でのオナニーについて良く思っていないはずです。

ましてやポルノの閲覧なんてクソ食らえと思っていることだと思います。

 

僕もそういう風に思っているからオナ禁を続けています。

性エネルギーの偉大な力。オナニーの無意味さ。。僕はポルノ閲覧なんてこの世で1番クソな行為だと思っています。

 

そして僕みたいに思っている人は、性エネルギーの正しい使い方をしっかり学んでおくべきなのです。

 

性エネルギーを他のエネルギーに転換する

性エネルギーの正しい使い方として、1番大切なポイントです。

莫大な性エネルギーをどれだけ違うエネルギーに転換させることができるのか。オナ禁の本質はこれに尽きます。

 

性エネルギーは誰もがもつ本来的な欲求である。だが、性エネルギーの強い人が全て才人になれるわけではない。性エネルギーの本来的欲求をほかの欲求に転換して行動を起こすことができる人だけが、独創的才能を発揮し、才人になれるのである。

 

僕が何度も言っているように、性エネルギーは使い方次第で悪魔にも天使にもなります。

性欲をポルノの閲覧に使い浪費し続けてしまえば、人生は破滅に向かう。

性欲を他の価値ある活動に転換すれば、人生は好転していくということです。

 

性エネルギーを他のエネルギーに転換するにはどうすれば良いのか?

ナポレオンヒル氏は性エネルギーを転換するには、強い意欲を呼び起こさなければならないと述べています。

なるほど、性エネルギーを転換するには、強い意欲を呼び起こさないといけないのか。

では、そもそも強い意欲を呼び起こすにはどうしたら良いのですか?

 

僕が思うに、強い意欲を呼び起こして性エネルギーを転換するためには、好きなことに没頭する。これしかないと思います。

 

忙しい時間の中で、大部分の人が自分のやりたいことを忘れてしまう。

なんとなく大学に入って、そのままなんとなく就職して、ほんとに自分がやりたかったことが分からなくなってしまう。

そもそもやりたいことなんてゼンゼン分からない。

子供の頃はあんなに遊びほうけて毎日楽しかったのに、今は毎日嫌なことだらけで、何のために生きているのかも分からない。

こういう状態に陥っている人は多いかと思います。

 

でも、そういう状態だと性欲を転換することは難しいです。そもそも性エネルギーの転換に必要な意欲も沸いてこないでしょう。

やりたくもないことばかりの毎日では、生きていく力もなくなっていきます。

 

性エネルギーの転換どうこうの前に、好きなことを見つけて、好きなことをしていくというのは義務だとも思うのです。

だって人生楽しくないなら何のために生きているのかも分からないじゃないですか。

 

好きなことをしている時間は、誰にとっても1番幸せな時間であるはずです。時間も忘れて没頭できる好きなこと。

好きなことをしていれば、性エネルギーの転換なんて頭で考えていなくても、勝手に転換されています。

 

好きなことなんて何でも良いと思います。

釣りでも、英語でも、映画でも、音楽でも、読書でも。自分が時間も忘れて没頭できる、ほんとうに心から楽しめるようなもの。

 

僕は曲を作ったり、ギターを弾いたり、歌ったり、本を読んだり、ブログを書いたり、したい勉強をしているときが1番楽しいです。

その間は時間が経つのも忘れて、没頭しています。

これからも好きなことを見つけるために、色んな体験をしていこうと思います。そしてとことん好きなことをしていく。

オナ禁の本質とはまさにここにあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です