悩みを抱えている人へ、どんなに辛くても最終的には自分で解決しないといけない

こんにちは、クソまじめオナ禁ブロガーのイケユウです。

 

どうしようもないくらい悩んでいる時って、ほんとに辛いですよね。

誰かにすがりたくもなるし、待っていたら誰かが助けてくれるんじゃないかという幻想さえ出てきます。

 

僕はおよそ7年間ずっとネトポル依存のことで悩みを抱えている状態でした。

その悩みで心が押しつぶされて、完全に自分を見失っていました。

「誰かが助けてくれるだろう…」こんな他人依存思考の淡い期待を持ちつつ、人生を過ごしていました

 

だけど、ネトポル依存から脱却した今、ハッキリと分かったことがあります。

悩みは人に相談することは良いけど、最終的には自分で解決しないといけないいうことを。

 

他人と自分はまったく違う生き物

人と自分。生物学上は同じ人間という生き物だけど、歩んできた人生、考え方、環境、性格、持っているモノ全てにおいて全く違います。

内面においてこれだけの違いがあるのに、悩みの解決策が同じになるなんてことは絶対にないです。

悲しいことに自分が真剣に悩んでいることだって、聞き手にとってはゼンゼン共感できないことなんてよくあることです。

 

 

ネトポル依存やオナ禁が継続できないなんてまさに理解しがたい悩みの1つで。女性からは特に理解されるのはムリでしょう。

依存症にかかったことがある人や、オナ禁マンなら共感してくれると思いますが、それ以外の人はおそらく「はあ?」って感じになる。

それは当たり前のことで、その人自身依存症になったことがないのに、依存者の苦しみを理解するのは難しいのです。

 

「苦しいなあ、それは辛いなあ」とか慰めの言葉をかけてはくれるかもしれないけど、そこから発展はしないです。

悩みを打ち明けたことで心が少し楽になったとしても、悩みを解決するための具体的な解決策が見つかることはありません。

 

 

「じゃあ同じことで悩んでいた人に解決策を求めたら良いのでは?」

たしかに同じ悩みを抱えている人なので、悩みを打ち明けやすいし、解決策もいろいろ出してくれると思います。

でも、その解決策も結局はその人自身に合った解決策でしかないです。

その人の性格、気質、内面、精神的な強さ。そういうものを全て含めてその人自身に1番合った解決策でしかありません。

 

あなたがその人と全く同じ内面、性格ならその人の解決策はあなたにも全て合ったものになるでしょう。

でも、自分と全てにおいて同じ人間なんてこの世に1人としていません。

だからその人にとっては1番の解決策かもしれないけど、あなたにとってはベストな解決策になることなんてないんですね。

 

人に答えを求めるだけでは、人生を放棄したも同然

悩みの解決策を人に求めるな、と言っているわけではありません。

悩みは打ち明けるだけでほんとに心は楽になるし、聞き手の意見も参考にしていくことは大切です。

 

でもだからと言って全ての答えを他人に求めている状態は、もはや自分の人生を放棄しているのと何ら変わりないです。

 

 

悩みなんて生きている上では今後もぜったいに出てくるものです。

僕はポルノ依存という人生が崩壊してしまうほどの悩みを克服しましたが、今後も必ず新しい悩みの種が出てくるでしょう。

じゃあ「悩みが出てくるたびに人にすがりつくのか?」 「悩みが出てくるたびに人の意見をゼンブ鵜呑みにして従っていくのか?」

これはもう完全に他人に依存している、自分がまったくない状態に陥っています。

気づかないうちにそれは自分の人生ではなくて、他人の人生を歩んでいることになっているのです。

 

 

それに今の時代は情報量がクッソ多い時代です。

そのクッソ多い情報の中で、発信者の言っていることなんてみんなバラバラです。

みんな考えていることは違うから、意見がバラバラになることなんて当然です。

 

オナ禁ブログを見ても分かると思いますが、方法もみんなバラバラじゃないですか?

シャセイ自体すべて禁止している人もいれば、7日に1回はリセットする人もいる。

エ〇コンテンツを全て禁止している人もいれば、たまには見るのもありだという人もいる。

風俗に行くのはたまにはOKと言う人もいれば、それは絶対にダメだと言う人もいる。

 

 

他人に答えを求めれば求めるほど、あなたは違う意見にどんどん振り回されることになるのです。

「あの人はこう言ってる」、「あれ、この人はぜんぜん違うこと言ってるぞ…」、「結局何が正しいんだ!、うわあ…」

他人依存マインドでは何がほんとうに正しいのか、何を軸に生きていけば良いのかがほんとに分からなくなってしまいます。

 

僕も高2の時にオナ禁の情報をインプットしていたときは、完全に他人依存マインド状態でした。

その時の僕の精神状態はこちらの記事を読んでもらえれば嫌と言うほど分かります。

イケユウの詳細プロフィール

 

「結局どれが正しいのか分からない。情報多すぎて何を信じれば良いのかが分からない」

ほんとにひどいあり様でした。

 

ネトポル依存っていう悩みが人生レベルのものだったので、余計に自分を見失っていたんでしょう。

誰かに相談できるような内容でもなかったし、ずっと1人で悩み続けていた。

悩んでも悩んでも解決できなくて、部屋でいつも1人泣いていた。

解決策を求めても、何が正しいのかなんてぜんぜん分からなかった。

 

悩みなんて自分で解決するしかないのに。

「自分で自分の軸を作り上げて、それを簡単には折れない強固な軸にして生きていくしかないのに。」

その時の僕に会えるなら、この一言を言ってあげたかった。悩みは自分で解決するしかないんやで。

 

自分で悩みを解決した先にあるものとは…

悩みは人それぞれ。その人にとっては重大な悩みかもしれないけど、他人にはクソみたいだと思われることもある。

悩みが何であれ、その悩みが自分にとって大きなものであればあるほど自力で解決できたときは絶対の自信になります。

自分で自分をコントロールする力、自分を信じる力、こういう自分軸が確実にできてきます。

それは悩みを解決していく過程で悩んで悩み続けて、克服することでしか手に入りません。

誰かに解決策を求めたり、お金を払うことでは手に入らない、あなただけの財産なのです。

 

もちろん今現在、悩みを抱えている人はしんどい状況だと思います。

特にその悩みが自分にとって大きな悩みであるなら、ほんとにしんどいと思う。

 

 

僕もネットポルノ依存という大きな悩みにぶち当たりました。およそ7年もの間ずっと悩み続けました。

その過程で友達も失った。できたであろう彼女も1度もできなかった。膨大な時間をどぶに捨てた。青春時代もなかった。

浪人しても結局第一志望に落ちた。あざ笑うかのようにバカにもされた。人生がほんとに嫌になった。

生きている意味なんてないとも思った。しんどいだけ、苦しいだけでぜんぜん楽しいなんて思えなかった。

 

そんな状況にあっても、僕はこの悩みを解決してやろうという気持ちだけは捨てていなかったです。

ほんとにしんどかったけど、絶対に解決して自分の人生を歩んでいこうって心の片隅でいつも叫んでいました。

 

そして今、自力でネトポル依存から抜け出すことができた今、僕は自分の中にしっかり軸をもって人生を歩んでいます。

今は自分の夢のために日々奮闘しています。

もちろんその過程でまた悩みが出てくることは絶対あります。でも、その時もまた自分で解決策を見つけていくのみです。

ネトポル依存という大きな悩みを解決した今、自分に解決できない悩みなんてないと自信を持って言えます。

 

「悩みの解決策は自分の中にしかない」このスタンスを心に刻んでほしい。

誰かの意見も参考にするのは良いけど、全て自分に当てはまるなんて思っちゃいけない。

取り入れるところはどんどん取り入れて、切り捨てるところはどんどん捨てていく。

 

 

それが自分の人生を歩み、人生を切り開いていくということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です