オナ禁が自分を高める最高の手段の1つである3つの理由

こんにちは、クソまじめオナ禁ブロガーのイケユウです。

 

オナ禁、継続できてなくて悩んでるのが僕だけだと思ったら、ちがった。

僕が書いているオナ禁ブログもそこそこ読まれるようになってきたし、他の方のオナ禁ブログを読んででいても、悩んでいる男性はかなり多い。

それだけ今、オナ禁が熱いということだ。

 

オナ禁は人それぞれもたらす効果は違うかもしれないけど、性エネルギーを蓄積して男をエネルギッシュにしてくれるのはオナ禁の醍醐味とも言える。

性エネルギーの大切さは、僕も本を読んできて嫌と言うほど実感しています。男の中で1番強いエネルギー源ですからね。

オナ禁を継続できるようになれば、それだけ凄まじいパワーが出てくるということです。

 

オナ禁がパワーを与えてくれるのは頭で分かっていても、継続できていない人が多いのが事実。

僕も以前はオナ禁を数日しては、リセットの繰り返しだった。

僕が思うに、オナ禁の難易度は他の依存症であるタバコや麻薬と何ら変わりないほどだと感じています。

オナ禁の難易度がここまで高くなっている全ての原因はネットポルノなんですけどね。。。。

それだけ難しいモノだけど、継続できたときの恩恵はほんとに半端ないモノがあります。

 

今回はオナ禁がなぜ、人生において自分を高める最高の手段の1つであるのかを

書いていきたいと思います。

 

オナ禁が最高である理由1. 時間が増える

時間。全てのモノにおいて唯一誰もが平等に与えられているモノ。

誰もが平等に与えられているせいか、時間の大切さはなかなか認識されていないのも事実。

でも、よく考えてほしいです。

「時間ってめちゃくは大切やんけ!」ってことを。

 

自分が何に時間を使うかで、その人の人生が決まるのは冷静に考えたら誰でも分かるわけで。

 

今までオナニーに費やしてきた時間を計算したことはあるでしょうか?

シャセイに費やしてきた時間、特にネットポルノを見ながら長時間かけてのシャセイ。

僕はネットポルノでのオナニーに時間を費やしすぎたせいで、どのくらいの時間が失われたのかも分かりません。

でも、ずっと悩んできた7年間ほどの時間は失われたと思っています。

 

それにオ〇ニーに費やす時間は、ネットポルノの閲覧だけでは済まされないです。

おかず探しから、パソコンが動画をロードするまでの時間、そしてシャセイをした後のあのダルサ、後悔、自己嫌悪。

そういった心理的なダメージからくる、自分の行動の抑制、引きこもりがちになるなど、そういったものを含めるととんでもない時間の喪失です。

ネトポルを見ながらのシャセイ行為には、膨大な時間を失わせるほどの脅威があるということです。

 

さらに僕が思うに、ネトポル依存の時の自分と、ネトポル依存から脱却できた今の自分が刻んでいる時間。

圧倒的に今の自分の方が何万倍も質の高い時間を歩めています。

行動力が上がってきたのももちろん、行動したことがしっかり着実に自分の糧になっていっています。

それはやはりネトポル依存の時は精神的なダメージが大きかったからだと痛感しています。

何か行動を起こしても引け目を感じすぎたり、周りの目を気にしすぎたりして、自分が思うようには取り組めていなかった。

 

オナ禁を継続できれば、おかず探し、心理的なダメージからくる行動の抑制、シャセイ、ネトポルの閲覧、動画をロードする。

こういったものから全て解放されて、時間の量だけじゃなく質も何億倍にも跳ね上がります。

 

1人エッチに時間を費やして得られるモノはありますか? ネトポルを見ることで僕たちは何を得られますか?

ネットポルノの閲覧、1人エッチによって得られるものなんて皆無です。失うものしかありません。

それも誰もが平等に与えられているが故に、人生で1番大切である時間という財産を奪われるのです。

 

僕はそんなことには耐えられなかった。ネトポルに自分の人生を奪われるなんて嫌だった。

会ったこともない画面越しの女に自分を奪われるのが嫌だった。

ネトポル産業に利用されて搾取されていると思うと、腹が煮えくりかえった。

僕はネトポル利用されながら生きる、そんな人生をこれからも歩んでいくなんて絶対に嫌だった。

 

人生は自分が何をしたかで決まる。

僕は自分の夢の実現や、やりたいこと、達成したいことにこれからの時間を懸命に使っていこうと思う。

 

オナ禁が最高である理由2. 本来の脳機能が手に入る

知らず知らずに起こってしまう、脳へのダメージ。

これはオナニーというよりも、ネットポルノの閲覧によって起こってしまう。

ネットポルノによって受けるダメージについてはこちらで詳しく書いています。

オナ禁してる人にこれだけは言いたい、仮想のエロだけには絶対触れるなということを

 

僕もそうだったけど、オナ禁が続かない原因のほとんど(僕の場合は100%)がネットポルノの閲覧だと思います。

実際ポルノを見たことがある人なら分かると思いますが、刺激はほんとに強いし、これは依存するかもとは思ったことがあるはずです。

 

脳には報酬系と言われる部分があって、快楽を感じるとこの報酬系が働きます。

ポルノを見ることで報酬系が働き、「ポルノを見たい、オナニーしたい」という欲求が高まります。

この脳の反応はタバコや麻薬などとほんとに何の変わりもないです。

 

気持ちが良いからまた欲してしまう。

しかも続けていると、脳がマヒしてもっと強い刺激、快楽を求めてしまう。

ポルノの場合はもっと異常なセッ〇スがないか、おかず探しに長時間かけてしまう。

タバコや麻薬の場合は1本では足りなくなって、1日に何本も吸うようになってしまう。

これが依存症の人が陥る末路です。

 

僕も派遣バイトとかで、比較的おじさんが多い場所で働いたことがあるんですが。

「この人たち、ほんまにタバコ何本吸うんだろう」っていうくらい吸っていました。

4時間くらいの短いバイトの時間だけで、そんな大量のタバコを吸っていたのです。

しかも、それが当たり前だというように笑顔を見せながら。。。ほんとに恐ろしいとしか言いようがないです。。。

脳が完全にタバコによる快楽で犯されてしまっている証拠です。

 

もし今現在あなたがオナニーを辞められないなら、それはポルノによる影響、オナニー自体の快楽に脳が犯されていると断言できます。

特にポルノの中毒性はほんとにもっと議論されるべきで、ポルノ自体世界から廃止されるべきです。

それほどポルノは危険性を持っているということです。ポルノ=脳内麻薬と言われているくらいですからね。

もはやオナ禁が続かないということは依存症という病気に犯されていることと同じなのです。

 

さらにこちらのTED動画ではネットポルノの危険性について、真剣に語られています。

ネットポルノの危険性は、あのTEDでも語られていほどです。

ネットポルノの危険性なんてばかばかしいとかではなくて、ほんとに危険だからこそこういう正式な場でも話されているのです。

 

この動画ではネットポルノ中毒、ドーパミンの大量発生、うつ病、集中力欠如、社会不安障害など、ポルノによって引き起こされる多大な悪影響を語っています。

今のところポルノの危険性について1番しっかりと語ってくれている動画です。とても参考になります。

 

この動画や僕のブログを読んでくれたら分かると思うのですが。

今もしもあなたが何かしら上手くいかないとか、心もしんどいとか、何か人生がしんどい。

こういう症状の中にいるなら、それはポルノに依存している可能性があるということです。

普段からポルノを見ていて人生に悩んでいる人は、100%ポルノ中毒が原因かと思われます。

 

僕は自分がポルノに依存気味だと感じていました。

今では脱ポルできましたが、やっぱりそのおかげで悩みのほとんどが消えていきました。

特に人生レベルの悩み。何をしても自分に自信がないとか、行動を起こせないとか、人と関わるのも嫌になるとか。

自分の人生をダメにする、破滅させてしまうような悩みから一気に解放されました。

 

それは僕の場合の悩みはポルノが全ての根源にあったからです。

だから自分もポルノの見過ぎでしんどいなと感じている人は、ポルノから離れられれば絶対に人生が好転していきます。

 

こういうポルノによるダメージを書いてきたんですが、これって僕たちが悪いのか?

ポルノ見るのを辞めたいのに、辞められない僕たちが悪いのでしょうか?

いいえ、絶対にそんなことはありません。

そうやってあなたの脳を蝕んで依存症を引き起こすポルノ産業に全ての問題があるのです。

 

僕も『依存症ビジネス』とか『マンがで分かる心療内科』とか、依存症に関していろいろ本を読んできました。

そこで分かったことは、世の中には人を依存させることでお金をもうけている企業、悪いヤツらがいるということです。

タバコ、麻薬、ポルノ、ギャンブルなんかはその代表です。

そういう依存性の強いモノをばらまいて、人を依存させて喜んでいるヤツらがいるということです。

 

タバコとか麻薬ギャンブルなんかは、お金を払って手に入れるというハッキリと目に見える損失があります。

しかも手に入れるにはわざわざ外に出て、買いに行くという心理的なめんどくささもあります。

 

でもポルノはどうですか?

ネットさえ使える場所にいるならいつでも見れてしまう。

外出する必要もなく、お金を払う必要もない、タダで見れてしまうわけです。

そしてスマホやパソコンを持つのが当たり前の今の時代。

こんなビッグチャンスをポルノ産業が逃すはずがないんですね。

そして実際にネット上にはエ〇コンテンツが溢れているわけです。

 

ポルノ産業はあなたの人生を蝕んでいることなんて全く考えていません。

むしろ依存させて人生を破滅させることで喜んでいるのです。そうすることで莫大な利益に繋がるから。

世の中にはそんな詐欺まがいなことでも許されているのが今の現状の社会、世界なのです。

 

だからオナ禁はオカルトとか怪しいとか宗教とか、そんな話ではないんです。

ポルノ依存から離れて、オナニー依存からも抜け出して、オナ禁を継続していく。

このプロセスは人生を好転させていく上ではもう欠かせないモノとなっています。

ポルノに依存気味の人にはなおさら大切だということです。

 

オナ禁が続かないのはあなたの意志が弱いとかそんな問題ではないのです。

ポルノによって脳が破壊されているからなのです。

 

オナ禁が最高である理由3. 成功への架け橋となる

オナ禁は、ポルノや自慰という目先の欲求を自制していくことです。

最初は少ししんどいし、我慢しているという気持ちも出てくるかもしれないです。

でもそうやって苦しいときも乗り越えてオナ禁を継続できるようになると、目先の欲をどんどん先延ばしできるようになります。

 

僕はふだんから自己啓発本を読むのが好きで、よく目にする言葉があります。

「成功するためには短期の快楽を求めるのを辞めて、長期的に自分の望むモノに集中する」

『一流の人に学ぶ自分の磨き方』という本に詳しく書いているので、よかったら検索してみてください。

 

要するに短期的な快楽を重視している人はいつまでたっても成功できず、堕落した人生になるのだと。

長期的に自分の望むモノに懸命に取り組めば、成功に近づけるということだと。

 

口ではいくらでも簡単に言えますけど、実際に続けていくのは難しいことです。

僕も何度も続けようとしては失敗の日々でした。

もちろんポルノに依存気味で結果的に短期的な快楽を満たしていることに繋がっていたので、余計に辛かったです。

 

でも脱ポルを続けてオナ禁も継続できるようになると、そこから好循環に入っていきます。

長期的な視野で自分が本当に手に入れたいモノを考えて、紙に書き出して、それを毎日眺めて。

それを達成するために自分なりの努力を続けて。

そんな毎日を送っています。

 

何でもそうなんですけど、僕たちが本当に成し遂げたいことって長期的なことがほとんどです。

料理上手くなりたい、心に響く文章を書けるようになりたい、英語ペラペラになりたい、ほんとに全てが長期的なモノです。

長期的なモノには長期的な努力はやっぱり必要ですよ。

このブログなんてほんとにコツコツ書いてやっと30記事を超えたところです。

まだまだ長期的な努力が必要とされています。

 

長期的な努力って絶対に実るかは分からないけど、その過程で得られるモノっていっぱいあるんですね。

達成するために自分でいろいろ勉強したり、人に教えてもらったり、何かを習ったり。

そこで得られた経験は何かしらの形としてあなたの中で残っていきます。

 

でも、短期的な快楽はどうですか?

満たしても満たしても、永遠に続く快楽地獄。得られるのは一瞬の快楽だけで、失うモノがあまりにも多すぎる。

そこから生活も怠惰になるし、自分も見失う。短期的な快楽で人生を満たしすぎるとほんとに破滅していきます。

 

オナ禁はそんな短期的な快楽から離れて、長期的な目標を目指していくのにほんとに役立ちます。

オナ禁自体がネトポルを手放して、自慰行為を辞めるという目先の欲を自制していくものだからです。

オナ禁が習慣化していけば、長期的な思考でものごとを頑張れるようになるんですね。

 

短期的な快楽もたまには満たすのは良いかもしれません。

お菓子とか、ゲームとかたまにちょっとるくらいならゼンゼンね、まだ良いですよ。

ずっと禁欲的にはやっていくのはかなり難しいですから。

 

ただ、ポルノに関しては短期的な快楽とかいう前に、脳へのダメージが大きすぎる。依存性もある。

もう絶対に見るべきモノではないです。あれは見てるとほんとに人生破滅へまっしぐらです。

 

何があってもポルノによる快楽だけは避けていきましょう。

それが習慣化していけば、絶対に人生好転していきます。

長期的な思考で人生を歩もう、と僕は思うのであります。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です