批判が怖くても気にしない精神でいこうと思う

こんにちは、

クソまじめオナ禁ブロガーのイケユウです

 

今回も他のブロガーの方を見ていて、

思ったことを書いていきます。

 

自分の意見をネットで発信していると、

絶対に起こることがあるんですよね。

 

それが誰かにクソ批判されること。

特にそのブログが色んな人に読まれ出すと、

批判されることも多くなります。

 

僕のオナ禁ブログの場合だと、

・「オナ禁とかキモチ悪っ」

・「そんなことして意味あるの?」

・「そんな我慢してどうするん?」

とかでしょうか。

 

ただ、もちろん批判を怖がってたら

何にも書けなくなるわけで。

 

もちろんこれはリアルの世界でも

同じことで。

人の批判なんか気にしていても、

1歩も前に進めなくなるだけです。

 

だから僕は仮にこのブログにも

批判がきたとしても、

「それはその人の常識なんだなあ」と思って

気にしないようにしています。

 

 

人によって何が正しいかは違う

人によって何が正しいかは違う。

考えたら当たり前ですよね。

 

その人によって過ごした環境も違うし、

考え方も違う。

付き合ってきた人間も違う。

どんな人生を歩んできたかも違う。

 

大学の授業を真面目に受ける人もいれば、

僕みたいに学歴社会に疑問をもって、

いまいち大学の授業に必要性を

感じていない人もいる。

 

「オナ禁は最強の自己啓発だ」と言えば、

「オナ禁とか無駄でしょ」と言う人もいる。

 

自分が正しいと思ってやっていることも、

誰かにとっては悪だったりムダだと

思われることなんてよくあることだ。

 

 

みんなに好かれるなんて100%ムリ

人が何に価値を置くかなんて

みんながみんな一致するわけがない。

 

人の数だけ、色んな考え方がある。

バラエティイ番組が好きな人もいれば、

バラエティイが嫌いな人もいる。

 

こういった何に価値を置くかは、

違って当たり前だし、押しつけるものでもない。

 

だから、よく分からない人から

「そんなもん間違ってるやろ」

「それはダメ」

とか言われたとしても、

 

「この人の常識と俺の常識は違うんやな、

オッケーです。」と、

心の中で声を出して、

スルーしている。

 

 

自分の信念を貫く

人の批判を怖がらずに、

気にしないようにするには

「自分の信念を貫く」

結局はここにたどり着く。

 

今まで人の目や批判を気にしすぎたせいか、

誰からも賛同されないし、批判もされない。

さらに自分の軸がぶれっぶれの状態で

生きてきてしまったように思う。

 

やっぱり自分に揺るぎない軸がない人は

自信もなさげだし、常に周りの反応を

気にしている感が出ちゃっている。

少なくとも僕はそんな感じだった。

 

でもやっぱりそんな人生じゃ

ぜんぜん楽しくない。

批判を怖がって何もできなかったら、

どんどん自分の信念が曲がっていく。

 

自分の考えを好きなように

発信していくのが楽しいし、

そういう文章の方が読んでいて

自分もウキウキしてくる。

 

そうすることで自分の軸も

どんどん強くなっていく。

 

だから意味のない批判がきたら

とことんスルーしていこう。

 

批判がきたら、自分のやりたいことを

真っ直ぐできているんだと

思うようにしよう。

 

そう考えて迷わず発信を続けていく。

もちろんオナ禁も続けていく。

 

っていうクソまじめなお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です