エ〇見て自慰ばっかしている人(オナ猿)の特徴を12個書き出してみた

こんにちは、

クソまじめオナ禁ブロガーのイケユウです

 

僕の今までの経験や、僕自身の猿だった頃を

ベースに、自慰ばかりしている人の特徴を

書いていきたいともいます。

 

あくまで僕の考えなので、

参考程度に見てもらえると良いですよ。

 

 

オナ猿の特徴1. なんか気持ち悪い

ちょっと言い方は悪いんですが、

ほんとに何か気持ち悪いんですよね。

どこかなよなよしているというか、

脂ギッシュというか、そんな感じです。

 

ちなみにこれは僕自身にもものすごく当てはまることで、

オナ猿時代だった頃の写真を見てみると、

ほんとに気持ち悪いとしか言いようがないです。

なんかめちゃくちゃ気持ち悪いんですね。

 

でこはテカテカしてるし、なよなよしてるし。

写真は見せれないんですけど、たぶん誰が見ても

なんか気持ち悪いってなると思います。

 

 

オナ猿の特徴2. 顔死んでるとよく言われる

これは僕は何回も言われましたね。

「顔死んでる、覇気がない、病気ちゃうん?」

見下すように言われてたんで今思うと、

ほんとに怒りしかないんですけどね…

 

まあでも、オナ猿状態だとそんな風に言われても

仕方がないのかもしれませんね。

 

これに関しては、オナ猿状態からくる

自信のなさとか、自己嫌悪とかも

かなり大きな要因だったと思います。

 

あとは性エネルギーを無駄に放出して

テストステロンも減って、

男としての強さとか、そういうものが

失われていったことも要因だと思います。

 

 

オナ猿の特徴3. 被害者意識が出てくる

これはオナ禁したいけどなかなか

オナ猿状態から抜け出せない人に多いと思います。

 

「オナ禁ずっと継続したいのに…」

「ネットでエ〇が溢れてなかったら…」

「こんなエ〇に溢れた社会じゃなかったら…」

 

こんな風にオナ禁を継続できない理由を

社会のせいにしていまうんですね。

 

で、そこからその思考がさらに発展して、

「俺の人生狂ったのはこの社会のせいだ…」

「俺がモテないのはネットポ〇ノのせいだ…」

「俺が成功できないのは…」

 

こんな風にオナ禁だけじゃなくて、

全てのことをネットポ〇ノや、アダ〇ト企業の

せいにしてしまいがちです。

 

特に、オナ禁を本気で信じているけど、

いまいち継続できない人にとっては

陥りがちな思考です。

 

 

オナ猿の特徴4. 自分のことしか考えられなくなる

自慰ばっかしていると、ほんとに自分のことしか

考えられなくなっていきます。

 

自慰ばっかしている、特にポ〇ノ動画を

長時間見て自慰をしていると、

当たり前ですが時間もかなり削られていきます。

 

さらに自慰をした後も引きずってしまい、

後悔したり、やる気がなくなったり

その分の時間もなくなっていきます。

 

しかも精神的にはダメージも大きいし、

性エネルギ-も失われていきます。

 

その結果、人のことなんて考えられなく

なっていくんですね。

人のことを考えている余裕がなくなっていきます。

 

そうなってくると人に対して愛情をもったり

優しさをもつ。

人に対して与えるという行為がとても

難しくなっていきます。

 

 

オナ猿の特徴5. コミュ障

これは人によるんですかね。

でも正直、エ〇を見て自慰をして

自信を失わない人なんているんでしょうか?

少なくとも僕は失いますね。

 

そして脳にもダメージはあります。

いずれにせよ、オナ禁をしている人よりは

確実に喋りは下手になっていくでしょう。

 

 

オナ猿の特徴6. 女性と全く縁がない

オナ猿だとモテホルモンである

テストステロンがなくなっていきます。

 

さらに普段から女性を性の対象としてか

見ることができません。

女性もそれを本能的に感知するのか、

どこか冷たいし、目も向けてくれません。

 

テストステロンは女性を勝手に

引き寄せる男のフェロモンみたいな

ものですからね。

 

やっぱりそれがなくなってしまうと、

男としての魅力は格段に下がっちゃうわけです。

引き寄せたとしてもおそらく、

あまり良い女性は寄ってこないでしょう。

 

僕自身、オナ猿状態だと女性と

まともに会話することもできません。

オスとしてメスをゲットできないというのは、

生物的には死を意味しています。

 

子孫を残せませんからね。

女性との縁がないのはほんとに

辛いの一言にすぎます。

 

 

オナ猿の特徴7. 行動力がない

オナ猿状態だとまちがいなく

行動力がなくなります。

 

自分に自信がなくなって、引け目を感てしまい、

行動を起こそうとしても一歩を

踏み出せないんですね。

 

 

オナ猿の特徴8. 否定的な考えに支配される 

何をしようにも「無理じゃねえ…」みたいな、

何でもネガティブに考えてしまうようになります。

 

 

オナ猿の特徴9. 全てが中途半端で終わる

オナ猿状態でも仮に何かを始めてみる。

でも、いつも中途半端で終わってしまうんですね。

 

考えられる理由としてはオナ禁できても

数日でリセットの日々が続き、

そこから自信をなくしたり、引け目を感じたりして

結局、行動力もなくなっていく。

 

そんな自分が嫌になって、

始めたことも放棄してしまう。

こんな悪循環だと思います。

 

 

オナ猿の特徴10. 声が小さい

これもオナ禁できずに、自信がなくなってしまう

ところから来るんだと思います。

 

大きい声を出すこともためらってしまい、

自然に小さくて、か細い声になります。

 

 

オナ猿の特徴11. 友達ができない

オナ猿だと友達ができない気がします。

誰かに話しかけても会話が続かない。

ぜんぜん親密になれない。

 

これもそうですが、やっぱり自信のなさから

くるんじゃないのでしょうか。

 

オナ猿状態だと、おそらく必要以上に

元から自信がなくなってしまうんですね。

 

オナ猿じゃない人の自信の値を0とすれば、

オナ猿の人の自信の値はマイナス1億

くらいじゃないでしょうか。

 

おおげさかもしれませんが、ほんとに

オナ猿状態だと、感じる必要のない

自分への自信のなさがどうしても

出てきてしまいます。

 

その結果、人に喋る勇気もない、

喋っても「どこ出身?、大学はどこ?」みたいな、

情報交換的な会話しかできない。

 

 

オナ猿の特徴12. 自分がない

仮想のエ〇や自慰という

目先の欲に走りがちなせいか、

本来の自分を見失ってしまいます。

 

人って本来は長期的な目標のために頑張ったり、

達成することに喜びを感じるモノです。

 

ですが短期的な快楽に溺れていると、

そういった長期的な目標や、なりたい自分、

自分の信念、そういった大切なものを

失ってしまいます。

 

そうすると他人の意見に流されやすくなったり、

ネット上の情報を何でも鵜呑みにしたりと、

自分自身の信じていること、ぶれない軸みたいなものが

なくなっていきます。

 

 

まとめ

オナ猿の特徴を思いつく限り書いてみました。

これはオナ猿状態だった僕にすべて

当てはまることです。

 

僕にとって仮想のエ〇に触れたり

自慰行為をすることは

ほんとに自ら命を絶っているようなものです。

 

正直、まだまだ思いつきそうです。

 

オナ禁ブログを書いていて1つ思ったことがあります。

それは、オナ禁を本気で信じている人ほど

リセットしてしまった後のダメージは

大きいということです。

 

これについてはまた別の記事で

書きたいと思いますが、

 

僕みたいにオナ禁を本気で継続したい、

継続すれば人生が変わる、

オナ禁に対してそういう強い信念がある人は

絶対にオナ禁を継続していくべきです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です